「沈黙」

沈黙

著 遠藤周作

1966年

もちろん、映画を見て。

一時期、単行本を持っていたか家にあった記憶があるけど、読んだことがなかったのは、重たくて辛そうなイメージだったから。

そしてやっぱり、間違っていなかった!
英語で読んだんですが、これは主人公がポルトガル人司祭なわけだし、全然違和感はない。

むしろ、日本のこの時代の様子を傍から見るという意味で言葉というカタチから入れる。

まずは、映画の筋書きの忠実さにびっくり。ただ映画ではどうしても表現しにくい主人公の複雑な心境や微妙な心の動きは、小説のほうが丁寧に書かれている。

ただ、エンディングは…。

原作は映画のようではないはず、と思っていたのでスッキリ。

遠藤周作自身のキリスト教徒であり日本人であるという(著者本人曰く)矛盾が、この作品の土台ですが、

日本の歴史の中の暗い部分をくり抜いて曝け出し、宗教とは、社会とは、信念とは、個人の命とは、という普遍的な問題をぶつけてくる強いメッセージを持った小説。

信念を貫き死を選ぶことは正しいのか、自分の命を惜しむことは間違っているのか弱いのか。

では他人の死の上に申し訳なさそうに正座をして信念(宗教)を貫くのは正義なのか、諦めてもうこれ以上一人でも犠牲を出さないように心を無にして生きるのは悪なのか。
守られた社会でしか生きてこなかった若造が大人の事情を知り成長する、という部分も重要な部分。

勇敢な気持ちで期待していた肉体的苦痛を一度も与えられなかったという虚しさ、自分を常にキリストと比較している自惚れた傲慢さ、そして弱い者を軽蔑し、神の沈黙を疑う神父、という危うい側面はハリウッド映画としてはスッキリ来ない。

映画上ではここが賛否両論の原因なのでは。

でも小説ではその微妙な心境の変化も逃さずに書かれているので腑に落ちる。
踏絵という、効率的なシステムの凄さに驚きですが、それでもキリスト教の神を信じ死を選ぶ日本人が実は歪んだキリスト教を崇拝しているという矛盾。

じゃあ何のために彼らは死ぬのか。

すべてを腐らせる沼である日本の中で、真のキリスト教徒として生きるにはキリスト教徒であることすべてを否定しないいけないという「悟り」の域に達する主人公。

考えれば考えるほど、次へ次へと物語のベールは脱がされ、この小説の素晴らしさが見えてくる。
映画がもし、素晴らしい映画だとして後世に残ることになるとしたら、讃えられるべき要素は映画製作者ではなく原作者だと思う。

それだけ力強い小説であり、キリスト教の根本である絶対的な存在、絶対的な正義を地の奥から揺さぶるような恐ろしい物語でもある。

広告

「沈黙 silence」をみて

沈黙 サイレンス

by マーティン・スコセッシ

2016年 アメリカ 台湾 etc

Rio Cinema

2017年最初の映画、それこそ十字架を背負うかのようなスタート。
残念ながら原作を読んでいないのですが、遠藤周作は重たく暗く読むだけでその後数日は罪を背負って生きているような感覚に陥るイメージがあるんですが、まさに映画もそんな感じ。

日本ではまだ公開されていないので、詳しく書くことに躊躇しますが、原作があるし…でも内容にはできるだけ触れません。

拷問のシーンの生々しさや風景の美しさはもちろんあるし、

一人の若者の苦悩としてストーリーを捉えるなら、若きゆえの純粋さや自身の苦悩をキリストの苦悩に重ねる傲慢さ、そして揺れる心の動きをドラマチックに描いている映画として受け止められる。
でも、目の逸らしようがないくらい、この映画はキリスト教迫害という宗教を描いた映画であり、なぜ、このテーマに固執して作品をいま、作り発表する必要があったのか、と問わずにはいられない。

過激的な宗教のあり方を押さえつけようとするこのご時世に。
日本という異文化の地で自分たちの宗教を持ち運ぶことは正しいのか、絶対的な真実は存在するのか、信条と命のどちらが大切なのか、人にとって宗教とは何か。
途方に暮れるような拷問の描写は歴史に忠実であると思うんですが、わざわざそんなことしたのかな?と思う点もいくつか。これは自分の勉強不足もあります。

キリシタン迫害の事実は日本人があまり口にしたくないことであり、学校でもそう深く学ばないと思いますが、西洋との外交的にタブーなので、日本でどう受け止められるのかも気になりますね。

大名や幕府が悪く描かれる点は、時代劇に慣れてる我々に抵抗はないでしょうが。

殆どのロケ地は残念ながら台湾なので当時の日本らしさが十分に描かれているかというと謎の部分もある。

あと、彼が最初描いていたキャストではない(wiki情報)そうですが、そこの緩さが悲しい。

ポルトガル人のはずが、生真面目なアングロサクソンにしか見えない。

アンドリュー ガーフィールド…彼自身が良い悪い、ではなく適所適材なのかという疑問。

そういう意味では、監督が当初描いていたアセットではなかったのかな、とも思える。
だけど、日本人キャストは適役だったのでは!

確かに渡辺謙だったら花丸なんでしょうが、浅野忠信も心情が読めないあの顔つきなので良かったし、窪塚洋介のしつこい奇妙さは他の人には真似出来ない。

さらに、塚本晋也(監督)のシーンは凄かった。

そして、イッセー尾形!The悪役な笑いが最高。

私の好きな青木崇高はじめ、ちらっと色んな人が出てるので日本人にとってはボーナスです。

一緒に見た友人は日本に詳しい北米人だけどキリスト教徒ではないので、二人で、きっとキリスト教徒の人が見れば違う視点から見れるはず、と納得したんですが、深く信じる人にはかなり辛い映画なはず…

新年早々、重たい映画になったしまった。

「ファンタスティック ビーストと魔法使いの旅」を見て


Fantastic Beasts and where to find them

By David Yates, 

US, UK, 2016

Work
職場の試写室で見たので、映画館の大きなスクリーンだったらまた違った別の体験をしていたのかも。

もともとハリー・ポッターシリーズを知らない私は残念ながらついていけない部分もあり。

でもそれは私の問題であり作品の問題じゃない。

ハリーポッター好きなら所々に出てくる単語に反応したりして、そういう楽しみがあるんだろうけど、残念ながらSFやファンタジー好きでもない退屈な私には、最低限の面白さ以外が見えなかったのかも。残念。
確かにこの作品は、世界観を創造することに力を入れすぎてストーリー性がないと言われているけど、それはひょっとしたら今後作られるシリーズに向けての土台作りとして仕方のないことなのかも?とも思ったり。

ハリー・ポッターを見ていた子供は今、20代後半から30代になり、ちょうどスキャマンダー氏たちとほぼ同世代になり、そういう風に常に観客/読者層を意識しているのかもと思うと、納得もいく。

ちょっと大人っぽい、でも子供っぽい、どちらかというと英国っぽい、そういう感情もあったり。

英国人にとってはあまりにもアメリカ化されていい気分じゃないようですが。
あとは、私のような人間にとって、この映画の65%くらいはエディー・レッドメインの典型的なイングリッシュボーイな魅力で持っていると言って過言じゃない。

「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」

バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)

Alejandro G. Iñárritu 監督 

USA, 2014

DVD

書くのすっかり忘れてた。

ので記憶が曖昧ですが、普通に見て面白いのに、オスカーを取りまくったと聞くと、何か違うがする。

米アカデミー賞はもっと大衆的で普通の一般人の殆どの人が面白いと思える映画であってほしいという個人的な希望です。

通好みなストーリーで、でもしっかりとした俳優陣で、ブロードウェイが舞台で。

こういう、業界内のことがテーマになると自然と評論家の評価が高くなるという傾向もわかる。

イニャリトゥ監督にはもっとエッジーなことを続けてほしいけど、今やハリウッドの大監督、人は誰も成長するし、Amores Perrosのような映画を永遠に作るわけではない、ということですね。
俳優を追うようなロングショットの臨場感と、リアリズムのある演出と、ファンタジーを込めたシーンが静かに組み込まれていて、ぐるぐると回るサーカスのような映画。

何が本当で何が幻想で、何がその人物の本来の人格で何が役作りか。
エドワード ノートン好きとしては、彼だけで十分に見る価値のある、十二分に楽しめる映画です。

「ペット」

ペット

The Secret Life of Pets

by Chris Renaud

USA 2016

Barbican Cinema

恒例の土曜日の子供向け映画鑑賞。

大人と子供二人で6ポンド(約 円)。

ミニオンのクリエイターと言うことで、面白いです、やっぱり。

ドタバタな感じ、濃いキャラクター、アクションのスケールも大きく、コメディの要素たっぷり。

強い女の子と、共同するいろんな動物(人間)、仲間意識、の不動のセット。
悪いうさぎと、超マイペースの白いふわふわの女の子犬が好きでした。

「ペルセポリス」

ペルセポリス
監督 Marjane Satrapi, Vincent Paronnaud

France, US, Iran, 2007

DVD
素敵な映画を世界に送り続けるイランから、アニメ映画。

噂に聞いていた通り、とても正直で真っ直ぐで、勇敢でありソフトな映画。

一人の少女が主人公で、彼女は子供の時にイラン戦争を身をもって経験し、危険を感じた両親はヨーロッパに留学させる、でも異邦人としての別の苦しみも経験し、そして成長した彼女はまた再度イランへと向かう。
自伝が元ですが、監督本人もいう通り、主人公が特別であるという印象をできるだけ取り除いていて、その手段として白黒アニメになっているんだとか。

白黒にすることで人物がどこの国籍であるかとかいう問題が薄まる。

戦争中のイランで起こっていることなんだけど、主人公はあくまでただの女の子であり、ブルース・リーが大好きで密かにロックを聴いて、たまに男の子をいじめたり、たまにパーティーしたり、おばあちゃんが大好きだったり。

それは、主人公が特別なのではなく、ただ、生まれ育った環境がそうであっただけ。

彼女もイランに固執するわけでもなく、かといってヨーロッパ化するわけでもなく、自分という生きやすい定義を探しているだけ。

ただ、誰もが多感な時期に戦争や独裁主義を体験してしまういうことがいかにその子の人生を影響し苦しませるかという事実は浮かび上がってくる。
イランの政治を指差して避難してはないけれど、公開時は次々と賞を取ってしまうし、もちろんイラン関係者は激怒。

でも、イランという、西洋やアジアにいる私たちには馴染みが浅い世界でも、実は子供たちは近所の子供のように馬鹿なことやってて、かっこいいバンドや俳優に憧れてる、ということをじんわりと知ることができる貴重な映画なのかもしれない。

もちろん、戦時中は子供が子供っぽくいられないのが問題で、それは叔父さんが殺されたり、家が爆撃されるシーンを、変にドラマチックに描かないことで現実味を醸し出している。
お母さん、お父さん、おばあちゃんがかっこいい。
ユーモラスでストレートで辛いこともあるけど愛らしいと思える、観客との間に壁を作らない映画。

「ロイヤル・テネンバウムズ」

ロイヤル・テネンバウムズ

監督 ウェス・アンダーソン

USA, 2001

British Film Institute

映画館で見ることになるとは。

大好きなイギリス人コメディアンのラッセル・ハワードが紹介する映画、ということで、ご本人の紹介が15分ほどあり、本編へ。

テレビで見るそのままの、感じのいい面白いお兄ちゃん感が満載だった。
で、本編は、期待通りに良い雰囲気で、様式的に綺麗で、どうしようもない崩壊家族で、ちょこっとだけ未来は明るい感じを残してくれる。

よく話す。

キャストが豪華なので、見た目がとにかくいいんですよね、ものすごく構成された空間に誰もが知ってる俳優が沢山いる。

お父さんジーン・ハックマンですから。

監督が彼のために脚本を書いたそうですが、彼はそれが気に入らなくて一度は出演を断ったらしい。

辛いね。結局引き受けて切れてよかった、よかった。
ちょっとずれたユーモアなんだけど、こういう映画って、人それぞれ好きなシーンがあって、それが結構ずっと残るような気がする。

私は打ち解けた次男と長女がテントにいる時のシーンかな。

(グィネスパルトローが、か弱い幸薄い女の子じゃない役をやってて、それがぴったりなので、どこで路線を崩してしまったのかが謎)

カルト系というか、そういう意味ではタランティーノと同じ所に属してる、現代系。
豪華キャストがもっとはじけてるくらいでも良いのかも。せっかくなら。

でもこの辺りで押さえて、地味なオシャレ感をちゃんと出すのが、ウェス・アンダーソン方式ですね。